Uber Eatsデリバリーの評価本当はもっと高いはずなのに少し下がる理由の例

この記事を書く理由

こんにちは、飲食店で働いているものです。

コロナの影響からUberEatsの流れがきた今となっては、売上の5/1をしめるほどの頼もしい制度になっています。

そうなると、更に意識していけば売上が広がるの手間はないかと思いつつあるんですが、

少しデメリットがあるので、そこを伝えたいと思います。

大半の方は高評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

基本的には、Uber Eats利用者の方が注文していただき、飲食店への評価をしてもらいます。

ほとんどの方が、高評価、いわゆる

⭐️⭐️⭐️⭐️☆-⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

星×4-5を書いて頂き、おいしい、梱包が正しい、スピーディーと書いて頂きます。

スピーディーに対しては配達員の方のおかげなので、感謝したいと思います。

しかし、

デメリット

飲食店にはなると思いますが、大手チェーン店の話ですると、

プラスチック製品→スプーン、箸含まれます。

登録または、注文の際に、カトラリー製品を“利用するor利用しない”と選べるようになっています。

それで、登録者、注文者は気付かず“利用しない”と選択しているお客さんが多数居ます。

今は少し減りましたが、週1回クレームの電話がきます。

  • スプーン等が入っていないとクレーム(評価⭐️☆☆☆☆でやってくる。)

お客さんの指示通りしてるのに⭐️☆☆☆☆は納得できないんですが、Uberさんに連絡しても「個人の方へのコメント評価などは、対応できません。」って・・・まあ、そのうち改善されるだろうと思いつつ、お客様の勘違いで評価を下げられているのが現実です。

お客さん「スプーン入ってないんだけど」

店員「Uber Eatsのお問い合わせに確認してください」(Uber Eatsからトラブルにならないように、問題はUber Eatsの方に流して下さいと言われています)

そもそも“利用しない”って選択してるのに・・・。と思いつつ、なかなかUberさんに連絡せず、怒鳴ってくるお客様もなかにはいるので、従業員もメンタルやられている場合があります。

クレームについて

クレームは、そもそも、しっかり聞くことをしないと話が前に進まないので、対応の仕方って言い方悪いですが、相手の気持ちをしっかり受け入れる事で、「その件ですね‼️」と理解しやすくなります。

クレームのコツはまた別の機会にかければと思います!!元営業マン!!お客さんの勘違いから始まるクレームもこちらのミスのクレームも沢山経験して、何度も経験すると、本質を見抜けるようになってお互い笑顔で終わる事が増えてきた経験あります。

まとめ

まだまだ、見切り発車な部分もあるので、今後のUberさん側、含め、飲食店側のやってみて気付いた事などをしっかり伝えられれば、改善される内容だと思います。

今回伝えたかったのは、

お客様側の勘違いが、評価を下げる結果になっているという事です。

全体の評価、コメント見れるのですが、6件ほどスプーン入っていない。⭐️☆☆☆☆がありました。

⭐️☆☆☆☆ってこちらのミスならまだしも、勘違いでされたらたまったもんじゃないと思います。

まだ、対応しようも仕組みができていないので、諦めますが、売上本当に困ってたら・・・。

飲食店側はしっかり今の問題を把握し、提案できるよう意識しましょう!!それも売上上げる為の行動になります。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です