飲食業界“社員第一”変化を求められる

今までは“お客様1番”そういう精神論が多かったですが、これって本当にそうなのか!?と、営業マン時代も思うことがありました。

実際働いてるの中で、少しずつ答えが出てきているんですが、“従業員”が居てこそ働けるのではないのかなと思っています。

0→1へではないんですが、0が従業員(準備)としたら、1はお客さん(売上)

例1:飲食店

準備

  • 店舗
  • 食材
  • 従業員(仕込み、掃除、シフト等)

売上

  • お客さんの満足度等

例:2Uber Eats配達員

準備

  • 登録
  • 携帯
  • 自転車
  • Uberバッグ

売上

  • 自らの体力

こうやって比べると、一目瞭然ですが、“従業員”が居ないと何もできないですよね!?

1人でできる規模ならまだいいですけど、僕が目指してるのは、1人ではなくチームでの仕事!!

仲間と楽しく稼ぎ雇用も作り出したいと思っているので、1番大切にしないといけないのは“従業員”だと導かれます。

大切にしていない経営者は居ないと思いますが、やはり“給料面”“人間関係”“スキル”などで、すれ違いが起きると思います。

そうならない為に、どうしたらいいんだ!?って悩んだ時に、きっと力になるのが、他の企業の経験談、やり方などを知るのが1番だと思います。

Business番組で、簡単に他の業種もそうですが、働き方を見れるので、本当に勉強になります。

結論

自分に無いものは、他から学べ!!

  • テレビ
  • YouTube
  • インターネット

沢山学び方はあります。それを知ることにより、その企業や経営者が経験したこと、やり方、その結果まで分かるので“攻略本”みたいなものですよね!?

そんな甘くないでしょ!?と言われようが、学ぶことに良いも悪いもないと思うので、“おすすめ”します!!

今も、

WBSのコロナクラシス“トップの決断”サントリーHD新浪剛史社長のインタビュー見てます。

やはり、経営者はカッコいい!!

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です