正しい呼び方知っていますか!?意外と知らないパートナーの呼び方

実は正しいのは1つ!?でも、みんないろんな呼び方してるから、気にはならないけど、
正解を言えてる人は、凄いんだなと思っちゃいますね!!

それでは解説(テレビ情報)
ちなみに、正解は、《妻》です。


ーー妻ーー

奈良時代の古事記にも記載されている。かなり昔から使用されてる言葉!!奈良時代には、婚姻制度はなかった為、親などが認めた一緒に暮らす人の事を言い表している。
婚姻制度は、明治時代から始まっていて、その時も妻と呼んでいる!!

ーー嫁ーー

1275年頃の名語記に記載されている。両親が、息子の妻を嫁と呼んだことが始まり。息子と一緒に住んでる両親が、周りに【家に良い女が来てくれた!!」と言っていたことから、
昔の発音良(ヨ)い女(メ)→嫁(ヨメ)
本来の意味からすると、嫁は、息子のパートナーを意味します。

ーー女房ーー

ー女房は、使用人の女性という意味
平安時代、使用人の女性の事を呼んでいた。使用人の女性(女)部屋(房)→女房

ーー奥さんーー

1562年頃の北条・・覚書の文章に記載されている。室町時代格式高い主人は、パートナーを奥の方の部屋に住まわせていた。奥の方に住む主人のパートナーの事を敬意を込めて奥方と呼ぶように
奥方が変化して、奥様、奥さんと変化していった。

ーー家内ーー

男性は、家の外で働き女性は、家の中にいる人
現代社会では、外で働く女性が多いので、適していないです。

ーーカミさんーー

カミさんは、上様の変化みたいです。目上の人を表す言葉らしいです。
現代社会では、対等であるのが理想です。ただ、女性を立てる意味であったり、現実を考えても・・・カミさんですかね笑っ

まとめ

意外と知らない内容ではなかったですか!?

おさらいですが、《妻》が正しいので、なるべく妻と呼ぶようにしましょう。

わざと《カミさん》って呼ぶのもありですが、、、。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です