心を打たれた飲食店閉鎖“佰食屋”

ビジネスオンデマンド大好きな店長です。

ガイヤの夜明けを見ていて“佰食屋”を以前見て、残業ない飲食店とワクワクしてみていたのを思い出します。

その店舗もコロナウイルスが影響・・・

ただ、その店舗でも、人件費削減ということで、2店舗閉鎖、社員7名解雇という形を取るしか無かったようです。

解雇する挨拶みてると泣けます。

その後

座席の間隔を空けるなど、対策をしっかりやりつつ

事細かにマニュアルを作り出し、タッパー1つの洗い方すらマニュアルがあるように、

その結果、行動に迷いなく、効率よく作業ができ、勤務時間の短縮にも繋がったという。

佰食屋のイメージである、“肉”を再度戻すことによって、客数も戻ってきたという。

常に、仕事のこと、良くなる方法を考えているんだなと勉強になりました。

まとめ

雇用の責任とか、まだまだ僕は意識は弱いです。前の仕事でも部下の給料など人生がかかってるとよく教わったのを思い出します。

PDCAサイクルなどの基礎をもっと経験して強くなりたいです。

今後の目標として、効率化、労働環境を整えていけたらいいなと思います。

失敗から学ぶこと沢山あるので、自分が失敗したと思たり、いろいろな経験を見て学べたらと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です