もったいない商品をどう活かすか“ガイアの夜明け”

もったいない商品をどう活かすか
ガイアの夜明けモッタイナイ2021を観ながら、思ったことを報告

花編

チューリップ🌷を例にすると、葉っぱが3枚ついていない咲きすぎていると出荷ができない、店頭に出る頃にはピーク超えてしまうから🤦
そんな花を安く仕入れ、訳あり商品として売るんです👀

野菜編

大きさや見た目が悪く規格外野菜などは、捨てられる結果になっています😑ただ、味も他と変わらなかったり、美味しい場合もあるやうです🤔

肉編

豚などにも規格外があるんですが🙄脂身の厚さが問題であったり、柔らかすぎて、均等に切るのが難しい😥それが、店頭に出す為の工程の手間になってしまうことが理由に・・・

魚編

深海魚は捨てられる😮味は美味しいのに見た目が悪いのが、欠点になってしまう😭深海魚を福袋のように、何が届くかわからない詰め込みパックなどが好評であったりする

深海魚とは、水深200m以下の魚のこと

まとめ

捨てるものを売る仕組みを作るのはこれからもひとつのビジネスとして成り立つと思っています😁

将来価値があるものに化ける可能性があるものを見つけ出しても、そこから広がるマーケティングが弱く足止めになり、沢山の人の目に止まらない場合が多いという現実😞


これに対して、人と人の繋がりを結びつけるサービスやビジネスも楽しいのかなと思います🥸

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です